【ワキガ手術について】

PR/加齢臭に効くおすすめ消臭サプリ
>>メンズデオ7200

 

 

このブログにお越しくださってどうもありがとうございます。
このブログに来てくださった方であれば、恐らく【ワキガ手術】についてお考えの方なのではないでしょうか?

 

ワキガの手術についての知識を集めている。
ワキガの手術を受けようと思っているが、どこ病院、クリニックがいいのか悩んでいる。
傷が残らないようにするにはどうしたらよいか。
手術をせずに、ワキガのニオイを少なくする方法はあるか?

 

 

このようなワキガの悩みや疑問について、このサイトではできる限り詳しく、分かりやすくまとめています。

 

このブログが、あなたのワキガの悩みを少しでも軽減してくれることを願っています。

 

【ワキガ手術の怖さについて・・】

 

ワキガの手術にはさまざまな種類があります。

 

一般的なのは、ワキにあるワキガのニオイの原因を作り出している【アポクリン線の切除手術】

 

ほかには、【発汗量を減らすボトックス注射を打つ手術】や【汗腺を破壊してくれるレーザー治療手術】

 

これは大まかな手術の方法で、さらに細かい手術方法に分かれていきます。

 

レーザー治療であれば、【ミラドライ】【レーザーシェービング法】など。

 

ワキガ手術をお考えであれば、まずはワキガの手術の種類について詳しくならなければなりません。

 

そして何よりも、ワキガ手術の際のデメリットなどについても知っておかなければ、【もしものときに取り返しのつかない事】になり兼ねません。

 

 

【ワキガの手術をしないという選択】

 

日本人にとっての【ワキガ】はとてもつらいものです。
欧米をはじめ外国人に比べ、日本人はとてもニオイに敏感です。
そして、ワキガの人口はおよそ日本総人口10%程度と少数派。

 

ワキガのニオイへの偏見、嫌悪感はとても強いのが現状です。

 

ですから、【手術をしてでもワキガのニオイを無くしたい!】というのはよく分かります。

 

しかし、ワキガ手術の失敗についての可能性も考えておかなければ、大変なことになります。
グーグルなどで【ワキガ手術 失敗】と検索をしてみると、さまざまな失敗症例があとを断ちません。。

 

ですから、私は【ワキガ手術】は最後の手段として残しておいて欲しいのです。

 

高い手術代金を支払い、一生消えない傷を作ってしまい、さらにワキガのニオイは消えていない・・。

 

このような最悪の状況を、出来るだけ避けてほしいと願っています。

 

 

まずはワキガ手術の5つのデメリットをご覧ください。

 

>>【デメリット1|代償性発汗の恐怖】について<<